7/29(土)

トーハクでやっているタイ展へ。仏像にあまり興味は無いのだが、それ以外に何か面白いものがあるかもと思いいってみた。結果大正解。割合的には圧倒的に仏像が多いのだが、それ以外の展示もちょいちょいあって、それらが良かった。特に法輪、法輪柱、碑文、刀辺りの展示が良かった。タイの歴史の勉強にもなったし、大満足。展示入れ替えがあって、入れ替えた後の展示物だけは見たいのだが、それにはちょっとお値段がするんだよなあ。悩ましい。 ついでに通常展示も。気になってたびょうぶとあそぶを見てたりしてた。びょうぶとあそぶ、屏風の後ろにスクリーンを設置し、音と映像で屏風の世界観を再現、というのがあって、これが大変良かった。畳の上に座って移り変わる映像と屏風を眺める、というだけのものなのだが、屏風と映像が大変マッチしていた。これまたいきたい。しかし9/3までかー。次の企画展がはじまるころには終わっちゃってるのかー。うーん。

ついでに墨田のふらふら眺めにいこうかと思ったが、雨が大分強かったのでやめた。あのくらいの雨でも花火大会はやるんだなあ。宇野駅からちょっとだけ眺めておしまい。あれはあれで面白かったのでよかったか。

広告を非表示にする